2008年05月10日

『時計を忘れて森へいこう』 光原百合:著

▼▽▽ ------------------------------------------------------

『時計を忘れて森へいこう』 334P 780円
(光原百合 創元推理文庫)

ISBN 4−488−43202−6

アマゾン → http://tinyurl.com/ku27a
BK1  → http://tinyurl.com/he5t4

--------------------------------------------------------------

◆ 内容と感想

光原百合さんは、英米文学研究者で小説家です。
98年に、この『時計を忘れて森へいこう』で公式にデビュー。
02年には『十八の夏』で第55回日本推理作家協会賞を受賞しました。
いまは尾道大学で芸術文化学部の講師、推理小説研究部の顧問をして
います。

『時計を忘れて森へいこう』という書名が、まず印象に残ります。
語り手は若杉翠という高校生の女の子。
描かれているのは、いわゆる「日常の謎」です。

と、ここまで書くと、近頃増えてきた「いやし系」かあと思う方も
いるかもしれませんね。

たしかに殺人事件が起きることもなく、
驚愕のトリックが出てくるわけでもありません。
けれど、人の気持ちほど謎を生むものはないのですから、
「いやし系」などということばでくくってしまうのはもったいない。

収められた三つの物語で描かれるのは森、人、恋、そして愛です。

森の中を歩いていて出会った深森護を好きになり、
自然解説指導員の活動を手伝い始めた翠が出くわす謎。

そのどれもが、哀しい色を帯びています。
謎を解いていく「護さん」の性格がちょっと違ったら、
読むのがつらくなってしまったかもしれないくらいです。

人が、人を想うからこそ謎は生まれるのかもしれない。
読み進めながら、ずっとそんなことを考えていました。

帯にも書いてありますが、気兼ねなく涙を流せるところで
ページを開くことをおすすめします。

読んでいくうちに清海の森を渡る風を感じる一冊です。

--------------------------------------------------------------
◆ 今日の「学び」

人の「想い」はまっすぐなもの。
それをどの方向から見るかによって、受ける印象が変わったりする。
いくつもの視点を持つことを心がけたいものです。

------------------------------------------------------- △△▲
posted by gka at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。