2008年04月28日

『夜のミッキー・マウス』 谷川俊太郎:著

▼▽▽ ------------------------------------------------------

『夜のミッキー・マウス』(谷川俊太郎 新潮文庫 / 105P 340円)

ISBN 4−10−126622−0

アマゾン → http://tinyurl.com/zvj9s
BK1  → http://www.bk1.co.jp/product/2679665

--------------------------------------------------------------

◆ 内容と感想

谷川俊太郎さんは詩人です。
……あらためて説明はいらない気もしますね。

中学や高校の教科書で「二十億光年の孤独」という詩を
読んだことがありませんか?
「或いはネリリし キルルし ハララしているか」
という一文が印象に残っている人も多いんじゃないかと思います。

『夜のミッキー・マウス』は、谷川さんの何冊目かの詩集です。
いろいろな詩を三十篇ほど収録しているんですが、
あとがきに書かれているように形式はさまざまです。

「なんでもおまんこ」なんて題名のものもあって、
ちょっとびっくりしました。
「二十億光年の孤独」からずいぶん遠くに来たんだなあ、と
しみじみしたりもして。

印象に残った詩が四つ。

「あのひとが来て」
(時間は永遠の娘 歓びは哀しみの息子)

「忘れること」
(限りない流血も人を賢くしない)

「ひとつまみの塩」
(気づかずに他のいのちを貪るぼくのいのち)

「闇の豊かさ」
(私は知る 自分と世界を結ぶ闇の豊かさを)

自分をみつめたくなったときに読むといい一冊です。

--------------------------------------------------------------
◆ 今日の「学び」

誰の中にも自分だけのことばがある。
誰もに伝えようとするのではなく、
誰かに伝えようとするべきなのだ。

------------------------------------------------------- △△▲
posted by gka at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94925345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。