2011年08月29日

『ひとがた流し』北村薫

▼▽▽ ------------------------------------------------------

『ひとがた流し』 315P 1680円
(北村薫 朝日新聞社)

第一章 桜
第二章 
第三章 道路標識
第四章 
第五章 
第六章 

ISBN 4−02−250199−5

アマゾン → http://mo-v.jp/?8588
BK1  → http://www.bk1.co.jp/product/2685793/p-GTA68226

--------------------------------------------------------------

◆ 内容と感想

北村薫さんは小説家です。
デビューした頃は覆面作家だったので、男性か女性か、
実はベテランの作家が名前を変えているのではないか、
などという話もありました。

はじめに、ひとつ謝ります。
章の名前が四つ空白になっているのは、入れ忘れたのではなくて、
検索で見つからなかったんです。

「?」と思いますよね。

実は、昨日のうちに読み終えたので、カバーを掛けたまま机に置き、
今朝はそのまま鞄に入れたつもりでした。

ところが、事務所で出してみたら別の本。
あわてて一時間ほど検索しました。
章の名前に興味がある人っていないもんですね。

とまあ、情けない始まりです。
ごめんなさい。

『ひとがた流し』は静かな物語です。
第一章を読み終えたときは、ずいぶん淡々としたお話なんだなあと
思ったくらい。

それが、章を追うごとに少しずつうねり始めます。
目が離せなくなってどんどん読み進み、、気がつけば最後のページ。

人が生きていくとき、力になるのは《自分が生きていることを切実に
願う誰かがいるかどうか》だと思う。

こんな内容の文章が、途中で出てきます。
ここでどんなことを思うか、それは人それぞれかもしれません。

そうかもしれないなあ、と思う人もいれば、
強くうなずく人もいるでしょう。
「え、そう?」
と言う人もいるのかな。

もうひとつ、強く印象に残ったのは
「女性の胸の病気について、男性には絶対理解できないと思う」
ということば。

もちろん、実際にはこんな硬い言い回しじゃありません。
けれど、このひとことは忘れられないだろうなと直感しました。

結末については、賛否両論があるでしょう。
それもまた本を読む楽しみなので、ぜひ読んでみてください。

女性の友情や日常を描きつつ、いろいろと考えさせる一冊です。

--------------------------------------------------------------
◆ 今日の「学び」

友だちに甘えるのも、ときにはいいかもしれません。
けれど、友情ということばに甘えたくはないですね。

友だちであるからこそ、保たなければならない距離もあります。

近すぎても遠すぎてもよくない。
難しいけれど、そこがおもしろい。

------------------------------------------------------- △△▲
PR:過払い請求って何?
posted by gka at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222997213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。