2009年07月02日

『名もなき毒』宮部みゆき:著

▼▽▽ ------------------------------------------------------

『名もなき毒』 489P 1890円
(宮部みゆき 幻冬舎)

ISBN 4−344−01214−3

アマゾン → http://mo-v.jp/?8523
BK1  → http://www.bk1.co.jp/product/2705922/p-GTA68226

--------------------------------------------------------------

◆ 内容と感想

宮部みゆきさんといえば、知らない人はいないかもしれません。
『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞したほか、
『火車』で山本周五郎賞、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、
『理由』で直木賞を受けています。

大極宮(宮部みゆき、大沢在昌、京極夏彦公式サイト)
http://www.osawa-office.co.jp/

何年か前、宮部さんはインタビューに答えて、
こんな内容のことを書いていました。

「しばらく現代ものは書きません。
 現代を描くということは、どうしてもいまを反映させなければ
 いけなくなります。
 そうすると、つらい物語しか書けそうになくて」

そんな宮部さんが久しぶりに出した現代ミステリーが、
この『名もなき毒』です。

「ある財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、
 トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、
 私立探偵・北見のもとを訪れる。
 そこで出会ったのは、
 連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった」
(「BOOK」データベースより)

最初の部分のあらすじは、こんな感じです。
けれど、宮部さんの小説は細部を楽しむものです。

物語はここから始まって、いろいろな人を描き出します。
いい人もいれば、いやな人もいます。
けれど、どの人も特別な存在とは思えません。

何かに押しつぶされそうになったとき、身近にネットがある。
それが吉となるか、凶となるか。
読み進めながら、ずっとこのことを考えていました。

嘘というものについて考えずにはいられなくなる一冊です。

--------------------------------------------------------------
◆ 今日の「学び」

ひとつの嘘は新たな嘘を生みます。

どこまで行っても真実を生むことはありません。

そんなこと、わかっているはずなんですけど。

理解することと実行することは違いますね。

------------------------------------------------------- △△▲
posted by gka at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。